資格取得にかかる費用と支払い方法ハウスクリーニングは、健康維持や集中力向上のために非常に重要なものです。

ハウスクリーニングのコツを学ぶことで、掃除はより効率的になり楽しくなります

クリーニング資格の取得を目指し、さらにプロフェッショナルなクリーニング技術を磨きましょう。オススメ資格と費用についてご紹介します。

オススメクリーニング資格

オススメするのは日本インストラクター技術協会の「クリーニングインストラクター」です。この資格は、掃除に関する幅広い知識を持ち、そのスキルを活かして効率的にクリーニングができる人に認定される資格です。

単に掃除と言っても、プロの持つノウハウやスキルには奥深いものがあります。例えば使う洗剤ひとつとってみても、より効果を発揮するものがあります。

その知識を持っているかどうかで、必要となる時間や労力は変わってきます。当資格の取得を目指してしっかりと学習することで、普段の掃除の質は上がってくるはずです。

資格と資格講座の費用

この資格は受験料が消費税込で10,000円です。受験条件は特にないので、誰でも取得を目指せるようになっています。しかし、学習せずに取得するのは難しいため、対応する資格講座を受講すると良いでしょう。

対応講座の一つは諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」です。この講座を使えば、2カ月から6カ月の学習期間で、紹介した資格の他に別の掃除資格も取得可能です。

講座のタイプは2つあって、通常講座とスペシャル講座に分かれています。通常講座の受講料は59,800円スペシャル講座は79,800円です。スペシャル講座の方は卒業課題の提出をもって試験の代わりとなるので、最後まで課題を終えることで100%資格取得可能です。

講座の支払い方法

受講料の支払い方法は4つあります。現金・クレジットカード・デビットカードで代金引き換えするか、コンビニ払い・郵便振替・銀行振込で後払いにするか、クレジットカード決済するか、オリコの教育ローンを利用するかの4つから選択できます。

受講料は一括払いだけでなく、分割払いも選択できるので、都合に合わせて選びましょう。なおオリコの教育ローンには審査があるので注意しましょう。

まとめ

ハウスクリーニング資格と対応資格講座をそれぞれご紹介しました。受験料や受講料を確認してから、それぞれ申し込むようにしてください。支払い方法も多彩なので便利です。

なお講座については、内容を確かめてから申込みたいという人も多いと思います。諒設計の公式サイトから資料請求ができるので、ぜひ活用しましょう。

ハウスクリーニング資格