資格のカリキュラムと学べることハウスクリーニングの技術は、できるだけ自分や家族が病気にならないために不可欠です。

しかし、ハウスクリーニングには様々なコツがあって、少しでもそのコツを知ることで部屋の清潔度は変わってきます

そのため、掃除資格の取得を目指し、本格的に資格勉強を行うのは非常にオススメです。掃除資格の一つと、対応講座のカリキュラムについて説明します。

オススメの掃除資格

オススメする掃除資格は、日本インストラクター技術協会の「クリーニングインストラクター」という資格です。この資格は、掃除のエキスパートとして掃除に関する幅広い知識を持って活かせる人に与えられるものです。

掃除といっても家の中の汚れには様々な種類があります。またそれに応じて使う道具や用品も変わってきます。この資格を持っている人は、自宅の隅々を効率的にきれいにできるノウハウやスキルがあることが証明されます。

有資格者はさらに、インストラクターとして他の人に掃除の正しい方法について教えられる存在であることが証明されます。

対応資格講座とカリキュラム

この資格を取得するために必要な勉強は、通信講座でカバーが可能です。資格に直接対応するものは、諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」という講座です。

本講座は、プロの掃除技術をわずか2カ月から6カ月の学習期間で学べるカリキュラムになっています。カリキュラムでは基礎→実践→試験対策→卒業という順に学習が進んでいきます。

基礎では用具の使い方を学びます。実践ではスペース別に掃除の仕方を学んでいきます

部屋・廊下の掃除、キッチンの掃除、浴室・洗面所の掃除、トイレの掃除、玄関やベランダ・テラス・庭などの室外付近の掃除についても学びます。さらに害虫の対策方法を身につけて家を衛生的な場所にできるようにします。

資格取得の方法

この講座は通常講座とスペシャル講座の2つの種類があります。通常講座の方では卒業後に試験を受けて合格すれば取得となります。スペシャル講座では卒業の際に卒業課題を提出することになります。

これによって資格取得となります。スペシャル講座は試験が免除になるのでより確実に資格を手に出来ます。

まとめ

掃除資格でオススメのひとつはクリーニングインストラクターです。またこの資格を取得するための通信講座として、諒設計の講座が役立ちます。

カリキュラムは初心者にも対応していて、専門スタッフによる質疑応答無制限などのサポートもつくので、安心して学習可能です。詳しくは公式サイトでさらに見てみてください。

ハウスクリーニング資格