諒設計アーキテクトラーニングのW資格取得講座もおすすめ毎日たくさんの時間を過ごす自宅は、できるだけ快適に過ごしたい場所です。

しかし、部屋が汚い状態になっていると、リラックスとは程遠い空間になってしまいます。勉強や仕事にも集中できなくなることがあります。

このような状況を避けるためにもおすすめの、ハウスクリーニングの技術を学べる通信講座を紹介いたします。

講座を用いて家を魅力的な空間にすることが可能です。

諒設計アーキテクトラーニングの講座

オススメするのは諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」という講座です。

この講座は日本生活環境支援協会の「ハウスクリーニングアドバイザー」という資格と、日本インストラクター技術協会の「クリーニングインストラクター」という2つの資格を、同時に取得する事を目標にカリキュラムが組まれています。

通信講座なのでどこかに通う必要はなく、自宅でゆっくり自分のペースで学べるようになっています。

普段仕事や学校で忙しい人は、学習のための時間がなかなか取れないものですが、空いた時間を利用して進められるため、とても気軽に学べるのは通信制の大きなメリットでしょう。

講座の特徴やメリット

この講座の良い所は、比較的短期間で資格取得が実現できる事です。受講期間は平均で2カ月から6カ月ほどです。あまり長い期間にわたって学習する必要がある場合、モチベーションが下がってしまいがちですが、これくらいの期間であれば無理なく卒業まで集中できるでしょう。

この講座は、初心者であっても問題ありません。内容はビギナーにも対応していますし、専門スタッフによる個別指導を受けることも可能です。

カリキュラムで扱われる内容の詳細は、公式サイトでも確認できますが、講座ではハウスクリーニングの基本から、掃除道具の種類や場所ごとの掃除方法について、詳しく学べる内容になっています。

通常講座でスペシャル講座

本講座は2つのタイプがあります。通常講座とスペシャル講座です。通常講座を選択すると、卒業後に試験を受けて合格すれば前述の2つの資格が取れるようになっています。スペシャル講座の場合は試験を受ける必要がありません。

卒業課題を提出することで試験免除となるからです。通常講座の方が受講料が安価となっていますが、確実性を重視するとなれば、スペシャル講座もオススメです。受講料や割引については公式サイトを参照してください。

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」は誰でも気軽に受講ができる通信講座です。より確実にハウスクリーニング資格を取得できるシステムもあるので、資格を仕事に活かしたい人にも魅力的です。

ハウスクリーニング資格