資格講座の受講期間についてハウスクリーニング資格を持つことで、掃除関連の職場でスキルをいっそう磨くのに役立ちます

最近はハウスクリーニングを提供するサービスも一般化しているので、クリーニング資格を持っているのは有利でしょう。

資格を取得するために使える資格講座の受講期間について説明します。

「資格は欲しいけど勉強は苦手」という人でも取り組みやすい講座

資格講座と聞くと、取得まで時間がかかりそうに感じるかもしれません。

しかし資格に直接対応した通信講座であれば、短期間でハウスクリーニングの学習ができるため、効率的になっています。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」という通信講座の場合、最短でわずか2カ月の学習期間で掃除のエキスパートになれます。

もし1日30分くらいしか学習時間が取れないとしても、6カ月もあれば十分に卒業可能です。資格と言っても1年とか2年学校に通わないといけないわけではないので、それほど負担にならないカリキュラムとなっています。

ちなみにこの講座は、2つのハウスクリーニング資格に対応した講座内容になっています。しっかり学習することで、同時に二資格が手に入るので、モチベーションも上がるでしょう。

初心者でもつまずかない

勉強が苦手な人は、通信講座では直接先生に分からないことを尋ねられない事を心配に思うかもしれません。しかしこの講座では、専門スタッフのサポートがカリキュラムに組まれています

テキストだけ送られてきてあとは自力で学習というのではなく、質疑応答が無制限で、講座内容で分からない事は何でも聞く事が可能です。これらの制度を利用することで、初心者でも問題なく資格取得にこぎつけられるでしょう。

対応している掃除資格ってどんな内容?

この資格が対応している資格は日本生活環境支援協会の「ハウスクリーニングアドバイザー」資格と、日本インストラクター技術協会の「クリーニングインストラクター」資格です。

これらの資格を持っていることで、掃除のスキルやノウハウを一定以上持っており、プロフェッショナルなハウスクリーニングが実施できるということを証明されます。資格を活かし、他の人に自宅やカルチャースクールでコーチングすることも可能です。

ちなみに対応講座のスペシャル講座を選択することで、試験免除となり、卒業課題の提出によって、これらの資格が取得できるようになっているので、より確実に合格できることも大きなメリットでしょう。

まとめ

通信講座を使うことにより、2つの資格がわずか2カ月から6カ月という短期間で取得可能です。勉強があまり得意でないとか、集中力がないという人でも、これくらいの期間であれば無理なく続けられるでしょう。

サポート体制も良いのでまずは資格講座の詳細を公式サイトで確認してみましょう。

ハウスクリーニング資格