ハウスクリーニングでハウスダスト対策クリーニングに関連してよく「ハウスダスト」という言葉を聞く事があります。

ハウスダストが身体に良くないということは誰でも知っていると思いますが、ハウスダストとは一体どのようなもので、どのような健康リスクがあるのでしょうか。

ハウスダストの意味と対策についてまとめました。

ハウスダストとは?

ハウスダストとは簡単に言えば、家にあるホコリやちり、花粉やカビ、バクテリア、髪の毛や皮膚組織(ふけ)、ダニの死骸、布などの繊維など、家にある小さなゴミです。タバコの煙を指す事もあります。

これらのゴミや有害物質を放置してしまうと、接触したり、吸い込んでしまったりすることとなり、それによって病気が引き起こされる事があります。

ハウスダストは部屋中にあります。どこかにくっついているものもありますが、人の動きと共に宙に舞ったりするものです。

家にいるペットや人、物から発生する事もありますし、外から運び込んでしまう事もあります。ハウスダストの中には、アレルギーを引き起こしてしまうものもあります。

それは、ダニやカビ、バクテリアや花粉などが代表的です。ハウスダストによって、アトピーや結膜炎、気管支ぜんそくなども引き起こされてしまいます。このように、ハウスダストは健康維持のためには、極力排除したい物質です。

ハウスダスト対策はどうすればいい?

ハウスダスト対策をするためには、しっかりとしたハウスクリーニングが必要です。単に掃除機をかけるだけでは不十分です。掃除の順番や道具にも気を遣う必要があります。

例えばハウスダストは、床にたまっていることが多いので、モップをかけ、大まかに掃除してから掃除機をかけるのが効果的です。また掃除機をかける時には、素早くヘッドを動かしてしまうのではなく、ゆっくり時間をかけるのがポイントです。

クリーニングスキルを学べる講座

ハウスダストをしっかり除去するためには、ノウハウとスキルを身につけないといけません。

そこで役立つのが通信講座です。諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」という講座がオススメですが、この講座を受講するとプロの掃除技術を完全マスターできるようになります。

わずか2カ月から6カ月の学習期間で、掃除資格を2つ取得することも可能です。公式サイトには、カリキュラムや取得できる資格についての詳しい情報があるので、チェックすると良いでしょう。

まとめ

ハウスダストは家中にあるこまかなゴミのことです。健康を維持するためにはハウスダストをしっかり除去しないといけません。

ここでは、ハウスダスト対策をどうできるか、そしてどんなツールでプロのクリーニングを学べるかご紹介しました。

家族の健康に寄与するためにも、積極的に講座を活用してみてはいかがでしょうか?

ハウスクリーニング資格