玄関掃除の負担軽減方法外から返ってきた時に、真っ先に汚れる室内スペースは玄関です。

玄関は室外に最も近い場所で、汚れがたまりやすいのが特徴です。

しかし、玄関がきれいになっていると、来客の際も恥ずかしくない上に、自分が家に入る時にも気持ちがいいものです。

玄関掃除を簡略化する方法についてご紹介します。

玄関掃除の負担軽減方法1:いらない紙を使う

玄関にたまる汚れの代表は、チリやほこりです。外から帰宅して、靴についたホコリが玄関に落ちてしまうと、あっという間に玄関は汚れてしまいます。ほとんどの人は、ほうきを使ってこれらの汚れを除去するのではないでしょうか?

もちろん、ホウキを使うのも悪くはありません。しかし、ほうきで勢いよく掃いてしまうことによって、ほこりが舞ってしまいます。それを吸い込んでしまったら問題です。

そんな時は濡れた紙、例えば新聞紙を使う方法が有効です。普段捨てている新聞紙を拡げて、少し水をまくことで、ホコリが立たないため、より清潔さを保てる方法と言えるでしょう。

玄関掃除の負担軽減方法2:

玄関スペースで汚れやすい場所と言えば、床以外に下駄箱があげられます。雨の日などで、靴が湿気をもっている状態なのに、そのまま下駄箱に収納してしまうと、カビの温床になる危険性があります。

それによって、悪臭の原因になってしまうでしょう。また、あまり意識していないかもしれませんが、汗による湿気も、同じような現象を引き起こします。そんな時は重曹が有効です。重曹は、湿気を除去する効果があります

何かの容器に入れ、下駄箱に入れておくことで、カビ対策になります。また、濡れている靴はすぐに下駄箱に入れずに、外に出して乾燥させてから入れるようにしましょう。

玄関掃除を学べる講座

玄関の掃除の方法を学びたいなら、諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」という講座が便利です。

この講座では、玄関やベランダやテラスといった、家の室外での境界線スペースにおける掃除のコツも学ぶ事が可能となっています。また、室内の様々なスペースの掃除で意識すべき事についても、講座で扱われています。

さらに、汚れになりやすい害虫対策の方法や、掃除用具の選び方や使い方もマスター出来るようになっています。2カ月から6カ月の学習期間でハウスクリーニングのスペシャリストになれるうえ、掃除資格を2つ取得可能な内容となっています。公式サイトに詳しいカリキュラム内容が記載されているので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

玄関は非常に汚れが目立ちやすい場所のひとつです。玄関素地の負担を軽減するために、新聞紙や重曹などのアイテムを使ったりすることで、汚れ落としや予防が楽になるでしょう。

玄関掃除のコツが分かると掃除の時短になります。きれいな玄関をキープするために、紹介した通信講座のノウハウなどを活用されてみてはいかがでしょうか?

ハウスクリーニング資格