ハウスクリーニングの仕事で稼げる金額相場掃除の仕事をメインにしていたり、サブ業務にしている職がありますが、気になるのはハウスクリーニングでどれくらい稼げるかという点です。

職業形態が違えば当然その金額にも差が出てきますが、おおよその相場がどれくらいか見てみましょう。

ハウスクリーニングの仕事で稼げる金額相場:家事代行サービス会社で働く場合

まずは家事代行サービスで働く場合について見てみましょう。家事代行サービスとは、呼んでそのまま家事を主婦(主夫)に変わって行うことです。家事の中には掃除屋洗濯や料理などがあります。

これらの日常的な家庭の仕事を、本人に代わって行うのが代行サービスとなります。代行サービスの場合は掃除だけに特化してやるわけではありません。そのため、多くの技術が求められます。

会社によっては掃除に特化して家事代行をする場合もあります(ダスキンなど)。家事代行スタッフとして働く場合は、平均年収はおおよそ330万円くらいです。自給にすると1,100円~1,200円くらいのイメージでいるといいでしょう。

平均時給としては、それなりにもらえる方だと言えます。地域や会社によって変動する可能性もあるので一概には言えませんが、給与相場は悪くはありません。

ハウスクリーニングの仕事で稼げる金額相場:独立してやる場合

もし会社に勤めるのではなく、独立してハウスクリーニング業をやりたい場合は、仕事を上からもらうか直接受注するかによって話は変わってきます。例えば、直接一般住宅や集合住宅や店舗やオフィスから受注する場合はそれなりの単価を期待できます。

最近はワンルームマンションなどがたくさん施工されていますが、だいたい1Kであれば3万円は期待できるでしょう。もっと広ければ当然単価上昇の可能性があります。20件やれば60万円となります。

仕事を下ろす業者によって変わってくるので、正確には言えませんが、下請けの場合は単価は落ちてしまいます。営業の努力がいりますが、高単価を目指すなら元請けが理想です。

まずは会社勤めでその後独立という手もアリ

いきなり掃除業者を立ち上げるのは簡単ではありません。最初は掃除会社でノウハウやスキルを発揮して、その後経験値や信頼感を得たら、それをもとに独立するという方法もあります。

いずれにしてもハウスクリーニングの仕事を軌道に乗せるには、絶対的に専門的な掃除知識やスキルが求められます。常に効率的な掃除方法を意識して学習を続けていく必要があります。

まとめ

ハウスクリーニングの仕事で稼げる金額は職業形態によって変動します。会社勤めの場合、家事全般の一部として掃除をするのか掃除に特化するのかという違いがありますし、独立の場合は下請けか元請けかという違いがあります。

他にも外食産業やホテル業界で掃除のスキルを活かす方法もあります。