キッチンの汚れ掃除の方法キッチンは汚れが溜まりやすい場所の一つです。

毎日料理をしていると、油があちこちに飛び散ったり調味料が散乱したり、実にやっかいです。

キッチンをきれいにする事によって、料理への創作意欲も湧いてくるものです。

これから、キッチンの汚れ掃除の方法をいくつか紹介していきましょう。

キッチンの汚れ掃除の方法1:セスキ炭酸ソーダを使う

セスキ炭酸ソーダという溶剤を使ったことがある人は、それほどいらっしゃらないかもしれません。このソーダは重曹よりもアルカリ性が高いのが特徴です。また水に溶けやすいというメリットもあります。

このセスキ炭酸ソーダは油汚れを落とすのに、非常に高い効果があります。水に溶けるので、スプレーボトルに入れていつでも吹きかけられるようにしておくと便利です。およそ小さじ1のソーダに対して水をペットボトル1本分(500ml)という割合で調合します。

セスキ炭酸ソーダを使うことによって、ガスコンロや換気扇が、非常にきれいになります。使い方は簡単で、油汚れがひどい所にスプレーで吹きかけます。それによって汚れが浮いた感じになるので、さっとふきんで拭き取ります

最後に水洗いをすればOKです。汚れの度合いによっては、しばらく放置してから拭き取ると効果的です。またはソーダの濃度を濃い目にしても効果的です。

キッチンの汚れ掃除の方法:重曹とクエン酸を使う

キッチンの汚れの中でも、特にイヤなのは排水口の汚れです。あのぬめりは言葉に表せないほど気持ちが悪いものです。そんな時はクエン酸と重曹を使います。どちらも簡単に手に入り安価です。

使い方は簡単で排水口周りにこの2つをかけます。重曹が先でクエン酸が後です。そこに少し温めた水をかけると泡がたちます。そのまま数分放置したら歯ブラシなどで軽くこすります。

この作業によって、汚れが落ちるでしょう。重曹とクエン酸は化学反応を起こして炭酸を発生します。これによって、水アカがきれいに浮いてくれるため、とても効果的です。

その場に合ったベスト用品を使おう

ここまで見てきたように、キッチンには特有の汚れがあります。そしてmその汚れに対して効果的な掃除用品があります。

ここではセスキ炭酸ソーダと重曹とクエン酸をご紹介しましたが、どんな場所の汚れにどの用品を使うかなど、道具の適材適所に詳しくなることによって、手早く掃除を終わらせる事ができるようになるでしょう。ハウスクリーニングには、様々なコツがあります。それを学ぶことで、家はもっときれいになるでしょう。

まとめ

キッチンは、汚れがはっきりと目立つスペースの一つです。頑固な油汚れや水アカなどがよく発生しますが、紹介したグッズなどを利用して、スムーズなクリーニングを実現しましょう。どれも安価に手に入るので大変便利です。