資格取得に必要な基礎知識ハウスクリーニングの資格を取得するためには、基本的な掃除の知識をしっかりと身につける必要があります。

掃除と一言でいっても、意外に学ぶ事は多いものです。

便利な掃除ツールもいろいろありますし、洗剤に関しても使い方を熟知しないといけません。

これから資格を取得しようとする場合に役立つ、必要な基礎知識のいくつかをご紹介します。

資格取得に必要な基礎知識1:掃除ツールの知識

掃除に使う道具といえばすぐに思い浮かぶのが掃除機やほうき、モップ、雑巾などでしょう。しかしこれらの道具は有用とは言え、全てではありません。掃除に使う道具はいろいろあって、それらを使いこなすことで掃除の質をかなり向上させる事ができます

単純な床掃除にしても、基本的なツールの使い方を間違っている人は多いはずです。例えば掃除機を最初に使ってしまうとホコリを舞い上げてしまっていることになります

そのため、最初はモップや雑巾を使うのが有効といえます。このように、掃除用具の使い方や使う順序などを学ぶのは大切です

資格取得に必要な基礎知識2:汚れについての知識

汚れと一言でいってもその種類は様々です。ハウスダストという言葉がありますが、それにはフケや花粉やダニやダニの糞、繊維くずなど、かなりいろいろなものが含まれています。

さらに家の汚れには皮脂汚れや頑固なカビ汚れ、油汚れ、水アカなどもあげられます。それぞれの汚れの特徴を理解して、それらを効率的に除去する方法を知らずにいると、無駄な労力を費やしてしまう事になりかねません。

コツを知ることによって、掃除が効率的で時短にもなるため、快適な環境を保てるようになります。

資格取得に必要な基礎知識3:場所ごとの掃除方法

家の中にはいろいろな目的のための空間があり、その掃除方法も、場所に応じて変わってくるものです。例えばキッチンは料理をする場所なので、料理に関連した汚れがたまります。

寝室は布団やベッドなので布製品が多く、繊維くずのホコリが多くなるでしょう。玄関は土や塵がたまりやすい場所です。トイレは黄ばんだ汚れが目立ちます。お風呂場は湿気があるのでカビが多く発生します。

このように、場所ごとの特徴を把握することは掃除の基本となります。

まとめ

ハウスクリーニングの資格を取得するには、様々な基礎知識を詰め込む必要があります。掃除ツールや汚れについての知識、そして場所ごとの掃除方法など本当に様々なものがあります。

ノウハウを幅広くカバーすることによって、資格の学習もスムーズに進める事ができます。資格を取得することによって、掃除関連の仕事で活躍することも可能となり、講師活動をすることも目標にできます。