ほこりやダニを減らす方法顕微鏡で見ない限り、なかなか普段目にする事のできないミクロなゴミ、それがダニやほこりです。

ダニには色々な種類がいて、どれも身体に害となるものです。ほこりも身体に良くありません。

健康を維持するには、ほこりやダニを減らさないといけませんが、その方法についてご紹介します。

ダニとほこりの与える悪い影響

ほこりとダニを除去する重要性について知るために、まずはこれらのハウスダストがどのような悪影響をもたらすのか、見てみましょう。これらハウスダストは、どこにでもあるからといっても、それを放っておくと大変なことになります。

アレルギーの原因となって、目のかゆみや咳が出たりします。ぜんそくやアトピーも引き起こします。外にいる時などに、マスクなどをして健康維持を図ろうとする人は多いですが、実は家の中も健康リスクがたくさんあります

ほこりやダニを減らすには?

ハウスダストを減らす方法はいろいろあります。例えば、ほこりはよく布製品から発生します。洋服などは、ほこりの発生源の最たるものです。そのため、時期外れの服をきちんと衣類ケースや袋に入れたり、クローゼットに保管したりするなどの必要があります。

ほこりは、掃除をする際には、不必要に舞ってしまう事もあります。多くの人は、掃除機をいきなりかけることが多いと思いますが、掃除機から出る風やヘッドの動きによってほこりが舞ってしまいます。

そのため、最初に雑巾やモップを使ってから掃除機をかけるのが効率的です。使っていない布製品は、出来る限り処分するのも効果的です。

ダニを繁殖させないためには、換気をよくする事、花粉の時期以外は通気を良くするため、適度に窓を開ける事、湿度が上がらないために洗濯ものを室内で乾かさない事、などを心がけると良いでしょう。

ハウスダストを甘く見ないようにしよう

ハウスダストは通常肉眼では見えないものばかりです。凝視しようとしない限り、あまり意識しないと言う人がほとんどでしょう。しかし、家の中だからと言って、決して安心しないようにしましょう。

長く時間を過ごす自宅だからこそ、より危険な場合があります。クリーニングのノウハウや、ここで紹介していることなどをしっかり身につけ、部屋を清潔にしてください。

まとめ

ほこりやダニは様々な健康被害をもたらします。面倒かもしれませんが、こまめな掃除を心がけないといけません。コツをつかんで掃除することによって、清潔度はアップします。最近はプロの掃除技術について、通信講座で学ぶサービスもあります。

諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」などがそうですが、このような講座を活用するのも、スキル・アップに役立つでしょう。

ハウスクリーニング資格