ハウスクリーニングアドバイザー資格掃除の実力を伸ばしたいのであれば、「ハウスクリーニングアドバイザー」という資格を取得するのが賢明です。

ハウスクリーニング資格を取得することで、部屋の隅々まで清潔で快適な環境を保つことができるようになります。

この資格の特徴や学習方法、受験料などについてご紹介します。

「ハウスクリーニングアドバイザー」資格

ハウスクリーニングアドバイザーは日本生活環境支援協会が主催している資格試験です。この資格を取得していると、掃除に関してプロの知識や視点を持っている事が証明されます。

有資格者は的確な判断やアドバイスが出来る掃除のスペシャリストとして認められます。さらにプロフェッショナルとして、掃除道具をどう扱うべきか、状態に応じたどんな掃除方法を選ぶべきかなど様々な知識を持っている事が証明されます。

この資格を活かすことによって、自宅やカルチャースクールで講師活動をすることも可能となるでしょう。

受験料と受験条件

この資格の受験料は消費税込で10,000円となっています。受験資格は特にないので、掃除のノウハウやスキルを試したい人であれば誰でもチャレンジする事ができます。受験の申請はインターネットから行えて、試験そのものは在宅受験となります。

合格するには70%以上の評価率である必要があります。受験日程ですが、2カ月毎に試験が開催されているため、予定が立てやすく、学習の計画をたてるのも容易でしょう。

試験に向けての学習方法

試験に合格するには、ハウスクリーニングの意義や道具、洗剤など多くのツールに関する知識が求められます。その勉強を個人でするのは難しい場合があります。それで学習ツールとして、資格対応講座を受講する手があります。

対応講座の一つは諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」です。この講座はわずか2カ月から6カ月と言う短期間で学習を一通り終えて、試験に合格できるようにカリキュラムが組まれています。

カリキュラムは基礎と実践、そして試験対策という3要素から成っています。初心者にも対応したコースになっていて、かつ個別サポートも充実しているため、安心して最後まで学習を終えることが可能です。公式サイトに詳細な情報が載せられているので調べてみてください。

まとめ

「掃除をもっと上手にできるようになりたい」という人は、民間資格のハウスクリーニングアドバイザーの取得を目指してみましょう。取得することで自宅はもちろん、他の人に掃除技術をシェアしてあげられるほどの実力が身に付くでしょう。

ハウスクリーニング資格