小物を片付ける工夫とポイント家の広さや家族の構成によっても違いますが、家全体を掃除するのは意外と難しいことがあります。

時間もかかりますし、どこから始めたらいいのか分からない事もあるでしょう。

掃除を効率的にやるには部屋ごとに行うのがベターです。その理由についてご説明します。

部屋ごとに掃除をするメリット

家の間取りの中には、いろいろな部屋があります。寝室、リビング、お風呂場、トイレ、廊下、玄関といった具合です。それぞれのスペースにはそれぞれの機能があります。また同時に、それぞれのスペースにはそれぞれの汚れ方があります。

家をなんとなく掃除するのではなく、部屋ごとに決められた手順と道具で掃除をすることで、時間短縮が図れます。例えばトイレでは排泄物を中心とした汚れが特徴です。お風呂場は湿気が多いのでカビがよく発生しますし、髪の毛や体毛を多く見かけます。

寝室は布団やベッドがあるのでほこりがかなり溜まるでしょう。また玄関は土や道路で靴についた汚れ、靴の臭いなどが目立つ場所です。それぞれの場所にそれぞれの掃除用品を備えておくことで、素早く掃除にとりかかれます。

部屋ごとに掃除をする日を決めると便利

ふだんからこまめにプチ掃除をする習慣をつけると、汚れがたまらずに済むようになります。それによって、毎日しっかり掃除しなくても、ある程度清潔な状態がキープ出来るでしょう。そのため、毎回毎回家全体を掃除しなくても、部屋ごとに日を決めてピンポイントにクリーニングをする事が可能になります。

例えば月曜日はキッチン、火曜日はリビング、水曜日はお風呂場といった感じです。掃除する範囲が少なければ、クリーニングは面倒ではなくなりますし、メリハリのある掃除になって丁寧な作業になるはずです。

ハウスクリーニング資格のススメ

掃除のコツが身に付くと、掃除が楽しくなってきます。楽しくなってくると、さらに掃除の精度があがって、部屋はきれいになります。そのような理想的な状態を作るために、ハウスクリーニング資格の取得を目指して、本格的な学習をするのをオススメします。

ハウスクリーニング資格を取得できるまでになれば、他の人のアドバイスしたり、掃除関連の仕事にスキルを活かせるようになります。オススメ資格の一つは日本生活環境支援協会の「ハウスクリーニングアドバイザー」です。

この資格は、プロのクリーニング屋として的確な判断やアドバイスができる人に認定される資格です。スペシャリストとして認められるので目指したい資格です。

まとめ

家の掃除のコツは、部屋ごとに分けて掃除をすることです。部屋ごとに分けることによって、メリハリがついた掃除になって楽ですし、効果的なやり方になります。

ハウスクリーニングの資格取得も目標にしながら、コツをどんどん学んでいくと、家はもっと清潔に気持ちの良い場所になります。公式サイトに紹介した資格の詳しい情報があるのでチェックしてみてください。

ハウスクリーニング資格