資格の受験日程の目安ハウスクリーニングの資格を取得するには、資格試験に合格することが条件となります。

しかし試験が苦手な人は、試験勉強の進め方や受験日程の計算方法などは、あまり得意ではないでしょう。

そこで試験勉強をスムーズにするために、受験日程の目安についてご紹介したいと思います。

取得を目標にしたいハウスクリーニングの資格

例としてここではハウスクリーニング資格を2つ例に出しておきたいと思います。ひとつは日本生活環境支援協会の「ハウスクリーニングアドバイザー」ともう一つは日本インストラクター技術協会の「クリーニングインストラクター」です。

これらの資格はハウスクリーニングのスペシャリストとして、掃除に使う道具や用品はもちろん、最適な掃除スタイルを判断してアドバイスできる人に認定されるものです。

これらの資格を持っていると言う事は、ハウスクリーニングを効率的に行えるノウハウやスキルがあるということです。これら2つの資格を取得するのを目標にして学習することで、自宅の掃除はもちろん、実家や友人宅の掃除についても的確な提案ができるようになります。

資格試験の日程

上記の2つの資格はどちらも、2カ月毎に試験が開催されています。また両資格とも現在平成31年の2月実施試験まで予定が組まれています。試験の申し込みは受験したい日付の前月いっぱい可能です。

例えば平成30年の6月に受験したい場合、インターネットから5月いっぱいは申込が行えるようになっています。受験票や試験問題、解答用紙の発送日は随時行われています。試験期間は6月20日から25日の間になり、遅くても30日までには答案を提出してください。

合否通知は翌月7月の20日となります。他の月に関しても同様のスケジュールとなります。

試験学習の進め方

普段学習のためにどれくらい時間を取れるかにもよりますが、これらの資格を取得するのには最短で2カ月ほど必要となります。

学習は対応講座である諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」を活用することになりますが、この講座の卒業及び試験合格までの日数が最短2カ月ほどです。

時間があまり取れないという人は、1日30分の学習で6カ月くらいかかるのを目安にすると良いでしょう。倍の1時間学べるなら3ヶ月で取得といった具合です。

まとめ

取得を目指したい、おすすめの資格2つとその対応講座についてご紹介しました。時間がある人は最短2カ月という目標を立てて、紹介したハウスクリーニング資格の日程カレンダーと照らし合わせてみましょう。

試験は2カ月ごとなので、この場合直近の試験の次の試験を目標に出来ます。

ハウスクリーニング資格