片付けや収納スキルを高めるコツハウスクリーニングがなかなか思う様にできないという人は、たくさんいらっしゃるのでしょう。

その理由にはいろいろな要素が関係します。例えば掃除道具や用品の使い方が分からない事などがあります。

どの汚れにどの洗剤が合うのか分からなかったりすると、掃除は効率的には進まないでしょう。他には物の多さも挙げられます。このような問題を解決するコツをお伝えします。

物の多さが掃除の邪魔になる?

普段掃除をしていて、どんな所にほこりが多いかを思い出すと分かりますが、棚やテレビや机の上などに、たくさんほこりは溜まります。また当然床にもほこりは多いものです。

しかし、物がたくさんあって乱雑な状態になっている家と、あまり物が無くシンプルな家とでは、状況はやはり変わります。物が多いとほこりの除去がより複雑になって、掃除が行き届かない場合が多いです。

そのため、ハウスダストはだんだん多くなっていくことになります。後で掃除しようと思っていても、テレビやパソコンの後ろなどは掃除が面倒で、そのまま放置状態になってしまうこともあるでしょう。そのうち、その状態に慣れてしまう人もいます。

このように、物が多いと掃除がなおざりになりやすいため、片付けや収納のスキルを高める事で、家事の効率がとても良くなるでしょう。

片付けや収納スキルを高めるコツ

きれいな家は、物が整然としていたり少なかったりする場合が多いです。物が少なければ、掃除に費やす時間が少なくなります。こまめに掃除をするクセも身に付くため、全体的にほこりが発生しにくい状況が生まれます。

したがって、普段から片付けや収納を心がける事が重要です。片付けや収納のコツは、まず分類分けをすることです。同じようなものを一カ所にまとめておくことによって、収納の効率が良くなります。また物が散乱しやすいのは、定位置が決まっていないことも原因の一つです。

そのため、同じカテゴリーのものは、必ず決まった場所に保管するクセを身につけましょう。これを意識するだけで部屋が整然としてきます。

省スペースを意識して物を管理する

すでに持っているもので必要なもの、使っているものを無理に処分する必要はありません。しかし使っていない物がある場合には、処分するようにしてください。物の絶対量が少なくなることで、片付けや収納すべきものが減るため、整理整頓は容易になります

またそれによって掃除がシンプルになって、より部屋の清潔度があがります。ミニマリストとか断捨離といった言葉が最近よく聞かれますが、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」はハウスクリーニングに関しても言える事です。

まとめ

片付けや収納に気を配り、スキルを上げることで、掃除はもっと楽になります。いくつかのコツを紹介しましたので、ぜひ実践してみてください。

同時に、物を不必要に増やさない努力も大切です。家のスペースに物を置きすぎないようにして、良い掃除の習慣を身につけましょう。