収納スペースの確保と片付け家を建てる時に多くの人が気にかけるのは収納スペースです。また家を立てた後に多くの人が「もう少し意識すべきだった」と後悔するのも、収納スペースに関してです。

収納スペースは家の空間を整然と保つのに大切なポイントです。収納スペースについて覚えておきたい点をあげたいと思います。

これから家を建てる場合に覚えておきたいこと

もしこれから注文住宅を建てたり、購入することを考えているのであれば、収納のことはしっかりと考えておきましょう。収納スペースは基本的に物を隠すのに役立つため、一番に考えないことが多いかもしれませんが、今住んでいる家にある物をよく観察することで、かなりの量の荷物があることに気づくはずです。

普段見えない所にあるものの量は把握しにくいですが、実はかなり物が溜まっているということは珍しくないでしょう。

服、食器、掃除用具、食料品、消耗品、靴など、一度、今収納スペースにあるものや、入れたいと思っているものをピックアップして、収納スペースを計算し、それを新しい家のデザインに役立てるようにしましょう。

すでに家に住んでいる場合に覚えておきたい事

すでに家に住んでいて、収納スペースに制限がある場合はどうしたらいいでしょうか。リフォームで収納スペースを拡げることも可能ですが、大掛かりなことをしなくても収納スペースを拡げる工夫は可能です。

例えば、100均グッズや安価なDIYグッズなどを使っても、収納スペースを拡張することは可能です。突っ張り棒を使ったり、ワイヤーラックを導入したりするだけでも、キッチンや洗面所などのスペースを増やす事は可能です。

しかも、それらのグッズはかなり色々な場面で使える事が多いため、棚に収納するよりも小物を機能的に使えるようになることもあります。例えば、キッチン用品をフックのついた収納バーにかけて、調理台の目の前に置くことで、すぐに取り出せるようになります。

安価で、しかも効率的な収納スペースの確保になるため、スペースへの不安は軽減されます。

掃除のノウハウも大切

収納スペースの確保も大事ですが、掃除や片付けのノウハウも学ぶ事も忘れないようにしましょう。収納スペースが多くても掃除がしっかりと出来なければ、清潔で整然としたスペースは生まれません。しっかり整理整頓するクセやコツを身につけることで、収納スペースも生きてくるでしょう。

掃除についてはテレビ番組でもよく扱われるテーマですが、通信講座などを活用する事によって、より体系的に学ぶ事が可能です。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「ハウスクリーニングW資格講座」を受講することで、2つのクリーニング資格が取得可能なレベルにまで学べる内容です。

こちらは初心者にも対応した講座なので、一から学びたい方にもおすすめの講座です。一度サイトを見て情報を調べてみてください。

まとめ

収納スペースは多くの人が家に関して悩んでいる点です。これから家を購入する場合やすでに住んでいる場合に意識したいポイントをお伝えしました。掃除のノウハウを増やすことも意識しつつ、快適な家づくりを目指しましょう。

ハウスクリーニング資格